【電脳せどりのリサーチは辛い】無理せずコツコツドカンを狙う。

りーです。

最近再び昼夜逆転のサイクルがやってきまして
完全にモチベーションが欠落してきています。

かなりリサーチ作業へのモチベーションが下がっていて
丁度いいタイミングなので
リサーチに対する取り組み方やモチベーションについて
書いていきたいとおもいます。

せどりリサーチは苦行すぎる件

3年程専業としてやってますが

「あ~リサーチなんてしたくねぇ・・」

とおもいながら日々過ごしています。

いやー、リサーチキツくないですか??

「実に面白くないねぇ~」(中尾彬)

↑自分は常にこんなモチベーションで取り組んでいます。

特に電脳リサーチなんて

毎日パソコンを前にアマゾンと利鞘を抜ける商品を
黙々と探していくという地味すぎる作業なんです。

「自分何やってんだろ。。」

とおもうこともしばしば。

とにかく検索作業が辛い辛い。

塵も積もればなんとやら。。で
地味なクリック作業がボディーブローのように容赦なく疲労を蓄積していきます。
(なので月1で整体のお世話になっております。)

自分は少しでも検索負担が減るように意識はしていますが
(リサーチ方、拡張機能、PC環境等)

少しでも仕入れを増やすには検索量を増やすのが必須です。

たまに

「仕入れ楽しい」

的な意見を見ると変態としかおもえないですね。

と同時に楽しいと感じている人は羨ましくもあります。

「電脳リサーチだから辛いんじゃないの?
店舗リサーチは楽しいよ!」

という意見もあるかとおもいますが
店舗仕入れとて自分には同じです。

(ならせどり辞めろ!という異論は一切受け付けません。現状食いブチなもんで)

見つからないときは見つからない

見出し通りですが

見つからないときは全然見つかりません。

自分も1時間リサーチして見つからないことはザラにあります。

正確にいうと1時間リサーチして利鞘商品が見つからないことはないんですが
自分の仕入れ基準は厳しめに設定しているので
利鞘があってもスルーすることが多く仕入れまで至りません。

仕入れ基準は上げていかないと無駄な仕入れをいつまでも続けることとなり
労力、時間、損切の場合はお金を失うことになるので最近はリターンが少なくヤバそうな仕入れは控えています。

慣れたら1時間以内にサクサク見つかるとおもっている人もいるとおもいますが
全然そんなことないですよ。
(すでに知っている商品の仕入れではなく新規商品開拓の話)

電脳仕入れですぐ見つかる商品は基本出品者急増案件です。

SNSの仕入れ報告ドヤも

店舗リサーチなら10店舗回った中の10店舗目で見つけた商品かもしれないですし、
電脳リサーチなら2~3時間リサーチのラスト30分で仕入れた商品かもしれません。

当たり前ですがサラリーマンのような時間給換算ではないので
何時間やったからこれだけ仕入れられるとうもんでもないんです。

慣れたらいつでも仕入れし放題なら皆せどりやってますからね。

SNSの仕入れ報告は一瞬の切り取りなので背景が見えづらいですが
たくさん仕入れしている人は基本愚直に、思考しながら泥臭くリサーチしています。

質の高い仕入れをするには運とタイミングも必要

・リサーチ時間
・検索数
・モノレート分析
・仕入れ先差別化

稼ぐ上ではこれらを積み上げていくことで利益を上げることができるのは間違いありません。

ただ自分の経験上、
爆発的に利益を上げてくれる仕入れっていうのは運やタイミング要素絡んでいることが多いです。


・トレンド
・プレ値
・廃盤
・案件

こういった波に乗ることができれば利益を効率的に速く伸ばすことができますが
発生事由は自分の仕入れスキルでコントールできることではないですよね。
(プレ商品、廃盤商品回収スキルや廃盤大量仕入れすることができるできないは置いといて)

コントロールできない仕入れ例

【店舗仕入れ】
自分の仕入れスキルが高くても、
店舗に訪れる前に敏腕せどらーに根こそぎ刈り取られていたらその分の利益は絶対とることができない。

【電脳仕入れ】
楽天、ヤフショ等のイベント力やクーポン配布回数、
自分だけ知っているネットショップでも急に価格が上がったり、リピート商材の在庫切れで利益に波がでる。

【業者仕入れ】
業者が色々な相手へ卸始め、出品者増で回転落ちる。
仕入れたい商品あっても欠品期間が長い等。

売り時や売り方は自分でコントロールできても
仕入れについては自分でコントロールできない部分も多いので
少なからず運やタイミング要素も必要になってきます。

焦らずコツコツドカンを狙う

運やタイミング要素が必要と書きましたが
その要素を上げるには月並みですが作業時間を増やすかないです。

個人的に作業時間配分は

①1日のリサーチ時間は長いが作業日数は少ない
②1日のリサーチ時間が短いが作業日数は多い

この場合だと自分が②の方がいいとおもっています。

自分はガチのリサーチでいうと毎日しているわけではありませんが
全く見ないという日はあまりありません。

1日のリサーチ時間は短く、可能な限り日数を増やすようにしています。


・チャンスを拾える確率が上がる
・作業になれる
・相場が身につく
・商品知識が身につく
・セール、イベント知識がつくく

こんな感じですかね。

あと自分はリサーチ作業の集中力がどうしても継続できないので
生産性を高める為に集中力が続くときのみ取り組むように意識しているので1日の時間が短くなります。

まぁ未だに惰性でリサーチし続けてしまうこともありますが・・・。

やはり継続が一番なので無理をせずにリサーチに気分が乗らないときは
事務作業や情報収集、他ジャンルの勉強等する方が生産性は高いとおもいます。

完全にビジネスから離れたいときは完全オフを楽しむなど。

なんだかんだリサーチも頭使ってますから、休息も絶対必要です。

投資でコツコツドカンという言葉がありますが
これはせどりにも当てはまるかなと個人的にはおもいます。

時と場合によってはリスクを多少とる場面もでてきますが
基本的にせどりは後出しじゃんけんなので大きなリスクをとる必要はありません。

地味な利益を日々とりながら可能な限り損切在庫は出さず、
来たるべき大きなチャンスに全乗っかりする。

振り返ってみると、結構自分はこういうスタイルかもしれません。

なのでチャンスがこない月の成果は酷いもんですがw

でも毎日コツコツ継続していれば必ず乗るべきチャンスはやってくるんですよね。
不思議と。

なので無理しまくるのではなく、
来たるべきチャンスに備えて自分のペースでコツコツとリサーチするのがいいとおもいます。

無理をせず少しずつ継続が重要

とまぁこんな感じで日々リサーチ業務に消耗しております。

色々書きましたがリサーチをサボることも多いので
気を引き締めていかんとなぁっておもっています。

記事内容に書いたように大きなチャンスに乗ることも大事なのですが
専業の場合はなんといってもアベレージを上げていかないといけないのも事実です。
(個人的には副業の場合はアベレージに拘る必要はないとおもっています)

アベレージ100万という目標に全然到達できる気配がないので
引き続きせどり業務に励んでいきたいとおもいます。

ではまた!

毎月の自動粗利計算、自動価格改定はプライスターがオススメ

↓↓↓ここから色々なせどりブログへ飛べます↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です