【19.07実績】在庫過多&値下げクラッシャー

【8月はもっとヤバい】

どうも、りーです。

お盆がようやく終わりました。個人的には長期連休のメリットがないのでやっと終わってくれたって感じです(^^;店舗仕入れしている人はお盆はセールやっていたし書き入れ時だったのではないでしょうか。タイムラグがある電脳は長期連休は全く発送されなかったり、業者とも連絡取れないのでやりづらいです。

で、ここ最近の自分は仕入れすぎて在庫過多になっているので利益率を下げまくって在庫をはかしている状況です。
(要するに仕入れ数を大幅に見誤りましたw)

7月月商・粗利・純利益

アカウント1

アカウント2

成果

  • 月商:546万
  • 粗利:46万
  • 利益率:8.4%
  • 販売内容は新品の電脳仕入れ、業者仕入れのみ。

    純利益

    上記粗利は大口料金、倉庫保管代、自己配送料金を差し引いた粗利となりますが、ここから経費を引いていきます。
    ※通信費は自宅でプライベートで引いているものを利用しているので除外しています。

    経費

  • FBAへの配送料金:9万5千円
  • 倉庫兼作業場:33000円
  • 税理士費用:25000円
  • ツール費用:7500円
  • 外注費(梱包・シール貼り):42000円
  • 46万円(粗利)ー20万円(経費)=26万円(純利益)

    上記は現金純利益なので、加えて、ハピタス、楽天ポイント、Tポイントがそこそこ乗るという形です。

    固定経費詳細は下記記事にまとめています。

    せどり専業者の自分が実際に支払っている固定経費

    2019年4月5日

    振り返りと目標

    中々シンドイ結果となりました。

    まず結果に対して経費の割合が大きすぎました。

    外注費が結果に対して高いのは、大量作業してもらってFBA納品した在庫が価格クラッシャーによって販売がストップしているのが原因です。

    作業費を払ったけど、在庫として売れていないのがそこそこあるのでこういった感じになりました。

    配送費に関しても、西濃運輸で特約を組んでいるのですが配送料金の仕組みに対しての理解が甘かったせいでこれまで損をしていた部分も発覚しました。意識すればもう少しは配送費削れたので反省です。

    現在は新しいこと(物販の分野)に着手していますが結果となるまで時間がかかることなので、意識的に経費を削るようにしています。

    8月はこの結果より大幅に落込みます(爆)

    法人2期もスタートしたので事業継続を第一にボチボチ頑張っていこうとおもいます。

     

    メルマガの方では、継続的に稼ぐための考え方や手法などを配信しています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です