効率的に楽天マラソンせどり仕入れで上限ポイントを獲得するコツ

りー
月2回が通例、楽天マラソンのバーゲンセール

本日から、また楽天マラソンということで

「楽に簡単に、楽天マラソン上限1万ポイントをとる」

について書いていきたいとおもいます。

  • 楽天マラソンの仕組みがいまいちわからない人
  • 無理して仕入れ商品を探そうとしている人

全くマラソンしたことなくて、初めて取りかかるような人に見てもらえればとおもいます。

買い回り倍率ごとの上限購入金額早見表

買い回り店舗数 表示倍率 実際のマラソン倍率 上限1万ポイント購入額
2倍 1% 100万円
3倍 2% 50万円
4倍 3% 33万3333円
5倍 4% 25万円
6倍 5% 20万円
7倍 6% 16万6667円
8倍 7% 14万2857円
9倍 8% 12万5千円
10 10倍 9% 11万1111円

まずは上記早見表を参考にしてザックリと自分にあった仕入れ額を参照にして、まわらなければならないショップ数をイメージしましょう。

買い回り10倍となっていますが通常1倍含めての倍率となっているので、実際の買い回り倍率最大は9倍となります。

楽天マラソンで抑えるポイント

  • 要エントリー
  • 獲得上限ポイント1万
  • 1店舗最低1000円以上(税込)の購入が条件(ポイント利用OK)
  • 極力複数イベントをかます(0&5の日、全ショップポイント2倍等)
  • 期間限定ポイント倍率は実質9倍
  • ポイント反映翌月15日

上記について少し補足していきます。

要エントリー

買い回りマラソンの適用を受けるにはエントリーが必要です。

マラソン期間内であれば購入後エントリーでも、条件を満たしている全ての購入に適用されます。

獲得上限ポイント1万

どの倍率でも獲得可能なポイントは1万ポイントまでとなります。

期間限定ポイントとなるので期限管理に注意しましょう。

1店舗最低1000円以上(税込)の購入が条件

1店舗での合計会計が1000円以上(税込)以上でないと買いまわり1ショップにカウントされません。

ポイント購入でもカウントされますが、送料部分はカウントされないので注意しましょう。
(例:商品代金700円+送料500円はNG)

ポイント購入は買い回りショップへカウントされますがポイント反映は適用外となります。
(例:商品代金3000円のうち、現金2000円利用、1000ポイント利用にて購入した場合は現金2000円のみポイントアップ対象)

期間限定ポイント倍率は実質9倍

ポイント上限1万と獲得する為の購入金額は倍率によって変わるので
購入店舗数を把握しておくようにしましょう。

先述していますが、実際の買いまわりポイント倍率は10倍でなく9倍となっているので
購入金額については早見表を参考にしてください。

できるだけ複数イベント中に購入する

楽天マラソンの期間は約1週間程度は期間が設けらいるので、そこそこ猶予があります。

セール商品や人気商品以外は焦って買う必要もないので期間中に開催される他のポイントアップイベントも併用して獲得ポイントの底上げを狙うようにしましょう。

イベント一例

  • 0&5の日
  • 全ショップポイント○倍
  • ショップ独自のポイントアップ
  • リピート商品ポイントアップ
  • スーパーDEAL+5%
  • イーグル優勝

etc…

上記は頻繁に開催されているイベントですが可能な限りかぶせて購入しましょう。

ポイント反映翌月15日

楽天マラソンは月上旬と下旬の2回開催が通例ですが、2回分まとめて翌月15日にSPUと一緒に反映されます。

ポイント抜き仕入れしている人にとっては確実にポイント利益が入ってくるので、フローはいいですね。

買いまわり心得

買い回りの戦略は2パターンです。

「少数のショップで大きな額を購入するか、購入ショップを増やして購入金額を抑えるか」

金銭的ハードルが低いのは後者となりますが、いつも利益商品がとれる店舗をたくさん見つけるのはそこまで楽ではありません。

全ての購入で利益をとれることに越したことはないですが、仕入れに苦戦した場合は下記の戦略で1万ポイントをとりにいきましょう。

全ての商品で利益を狙わない

楽天マラソンの基本的な目的は1万ポイント獲得なので、全ての商品で利益を取ろうとする必要はありません。

とはいえ、赤字商品を仕入れるのは控えましょう。

コツは下記3点です。

  • 倍率を最大にする為10店舗目指す
  • 段ボールや梱包材、プライベート商品を買う
  • 薄利、トントン商品も仕入れる(この場合はできる限り最低金額の1000円に近づけるのが吉)

上記パターンが一番カンタンだと個人的にはおもいます。

あまり仕入れ対象の商品が見つからない場合はこのパターンがオススメとなります。

例としては9ショップで備品関係、私物、薄利orトントンの商品購入、1商品で10万仕入れる。
1商品で10万がキツい場合は配分を考えて変えていけば楽に上限とれます。
段ボールを3個買うにしても、1つのショップで買うのではなく同じような金額であれば1つ1つショップを変えると早いです。

自分用の購入パターンを作っておく

楽天マラソンってレア感もなく、頻繫に開催されますよね。

本業やプライベートが忙しくて、あまり時間がとれない場合もあるとおもうので、自分用の購入パターンを決めておくと、単調作業になるので楽になります。

リピート商品、リピート購入する備品資材等の購入型ができたら、少しでも思考するのを減らすためにエクセルやスプレッドシートでリスト化しておくといいとおもいます。

慣れてきたら複数アカウント推奨

楽天マラソン時だけでも複数のアカウントを利用するのが個人的にはオススメです。

身内や知人等、実在する人物なら規約違反でもないですからね。(個数制限等でのムチャな買い方や、クレジットカード使い回しはNG)

月2回開催で2万ポイント獲得していれば、アカウント一つ増やすと倍の4万になります。型ができれば労力もたいしてかからないんでいいですね(^^)

まとめ

  • 10店舗まわる必要はないので自分の仕入れ額から考える
  • 10店舗まわるのが一番お金を使わない
  • 全体で利益をとって1万ポイントとれればOK

この記事の内容は、Yahooショッピング等の何店舗以上買いまわり~イベントに全て適用できる考えです。

さらにSPUも自分にあったスタイルで活用してポイントアップ底上げをしましょう。楽天SPUクリア最適化、ポイントアップイベント最適化について下記記事にまとめていますのでよければ参考にしてください。

メルマガの方では、継続的に稼ぐための考え方や手法などを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です