楽天ポイントせどりは確定申告でどうする?税金かかる?

りー
ポイント税金に関しては明言できないので参考程度にしてね!

楽天ポイ活している人で、これからはじめて確定申告するという人は、

現在の心境

  • 楽天仕入れしたらポイントがんがん貯まるけど、確定申告でどうするの?
  • ポイントを収益計上すると利益が増えて税金ふえるのでは?
  • 期間限定ポイントやら、細々した付与があって処理がわかならい

 

こういった気持ちかとおもいます。

 

読者さん
結局ポイントは申告するのしないの?することのメリットデメリットは?

税務申告に関することを、素人である自分が断言や名言はできないので、「自分はこうやって処理している」という点を書いていきますので参考程度にしてもらえればとおもいます。

楽天ポイントせどりは確定申告でどうする?税金かかる?

ネット情報や、税理士判断も様々な意見が散見されるので、国税庁HPから確認していきたいとおもいます。

国税庁の見解

国税庁HPより、ポイント課税についての内容を見ていきます。

法的制度はないが、ポイントは課税対象であると記載されています。

    • ポイントを体系的に対象にした法的制度(規制)は存在していない
    • 事業所得等の業務に関して資産等を購入した際に獲得したポイントについては、その業務の付随収入に該当し、事業所得等となる
    • 業務に関連して取得したポイントについては事業所得等に、役務提供の対価として獲得したポイントについては雑所得となる。
    • ポイントの法律関係は、少なくともポイント付与の元になった取引きとは別の何らかの給付を、対価を支払うことなく請求できる権利が付与されたものであると捉えることが適当であり、課税されるべき経済的利益にあたる。

※国税庁のホームページのポイントについて記載されているページより要点を抜粋

詳細を確認したい方は、下記にリンクを貼っておきますので確認してみてください。

企業が提供するポイントプログラムの加入者(個人)に係る所得税の課税関係について

ポイントは獲得時点でなく使用したら所得になる

ポイントは獲得した時点でなく、使用した時点で課税対象となります。

なので、獲得したポイントをつかわず、もっているだけでは計上する必要はありません。

では、ポイントをどのように使うかというのは、

仕入れ、経費、私用

この三択になりますよね。

  • 1万ポイントを仕入れでつかう→雑所得、仕入れ科目それぞれに1万計上される(相殺される)
  • 1万ポイントを備品などの経費につかう→雑所得、経費科目それぞれに1万計上される(相殺される)
  • 1万ポイントを私用につかう→帳簿に影響なし

このようになります。

事業利益を残したいならポイントは仕入れに使った方がいいし、節税したいなら経費にポイントはつかわず現金を使った方がいいですね。

私用で使い切ると帳簿への影響はないですが、私用で使い切れるかは獲得ポイント数によりますね。

自分は基本的に仕入れにまわしています。

楽天仕入れは通常運転だと現金利益率が10〜15%がいいところです。

現金利益率10〜15%のところ、楽天ポイントを仕入れにまわすことで利益率の底上げができるので、事業を健全運営したい場合はできるだけ仕入れにまわすようにしましょう。

黒字経営→会社の評価あがる→融資など資金調達に有利→事業拡大できる

売上を伸ばしていくには、資金調達は必須ですからね。

事業年度締めに近づいて、ある程度利益がでて節税のフェーズになったら、ポイントせどりは控えて現金でガンガン経費をつかうのがいいとおもいます。

ポイント申告の処理

先述したとおり、ポイント利用した時点で所得になるので、事業利用した明細を税理士へ渡して処理してもらっています。

楽天で仕入れした商品は、購入履歴→注文詳細を表示→領収書を発行するの手順で領収ををPDF化して渡せばok。

ポイントを使用する場合は中途半端に使用するのではなく、使うときは全額ポイント払いにして現金を0にするのがオススメです。

結論:楽天ポイントガチ勢は全員が計上すべき

つまるところ、楽天ポイ活ガチ勢は全員が計上すべきかと。
(楽天ポイントガチ勢の獲得ポイントの想像つくので。。オール私用は無理ですよね)

先述しましたが、計上して利益上げて事業評価上げた方が融資も有利になりますよ^ ^

楽天以外の店舗仕入れの場合だと、大量ポイント獲得できるわけでもないので、そこは各自で判断しましょう。

『クレカポイントやマイルに税金はかからない』はウソ!?【ポイ活してる人は必見!一時所得?雑所得?】

上記は税理士ユーチューバーの方の動画ですが、「理屈上は課税されるが実務上は追いついていない」というのが現状のようです。(理論上、課税されないというわけではない)
自分が説明していないことも、上記動画で説明されているので一度プロの意見を聞いてみてくださいね。

こういった話って細かいところについて言及しようとおもえば、いくらでもできるんですよ。

なので考えるべきは、

  • 税務署につつかれたときに、余裕の対応ができるように処理しているか
  • 納めるべき部分の税金漏れがある場合のリスクはどの程度なのか

という点を自分で理解している状態なら、ポイント申告については必要以上に過敏になる必要はないとおもっています。

また、こういった話はネットでも拾えますが、プロの税理士に話を聞く方が安心感があります。
税理士に依頼するメリットについては下記記事を参考にしてください。

【税金はプロ任せ】せどりで税理士に依頼するタイミング、相場、選び方

2019年9月2日

メルマガの方では、継続的に稼ぐための考え方や手法などを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です