【税金はプロ任せ】せどりで税理士に依頼するタイミング、相場、選び方

どうも、りーです。

せどりで稼げるようになってくると税金や確定申告のことが頭をよぎり、税理士に依頼するかどうか考えるようになります。

りーの税理士内容

  • 記帳代行(レシート、領収書丸投げ)
  • 月1で試算表を見ながら面談
  • 年間費用30万円(確定申告込)
  • 上記は今の自分が契約している税理士との内容になります。

    基本的に自分は経理や税金関係はノータッチで全て任せています。全て丸投げし、月1回程度で試算表を見ながら面談しています。人によっては「少しは自分で管理しろよ」という意見もあるとおもいますが、自分はこういった作業が苦痛なので基本的には全て任せています。

    今回は税理士について書いていきたいとおもいます。

    せどりで税理士に依頼するタイミング、相場、選び方

  • いつから税理士に頼むべきか
  • 費用はどのくらいなのか
  • どうやって選ぶのか
  • 自分は当初こういったことを悩みました。

    どのタイミングで依頼するのがいいのか

    「お金を払って解決できるものは解決して仕入れに集中しよう」

    よくいわれていることですね。これは正解でもあり不正解でもあります。

    税理士費用は人それぞれで変わってきますが、売上があまりない段階でも月1万は見ておいた方がいいでしょう。

    副業で始めたてで月1万。。大口料金やツール費用など、ただでさえ経費がかかっているのに、固定経費がさらに1万から必要になってくるとなると慎重になった方がいいです。

    個人的な意見ですが、月1万を税理士費用に充てる場合は最低でも粗利が毎月10万以上出せるようになってから検討するといいとおもいます。
    税理士費用は基本的に年契約なので1か月だけ依頼してというのがないんですね。(あっても月単価が割高になります)

    いつからという明確なタイミングを伝えるのは難しいですが、上記を一つの基準にしてもらえればとおもいます。

    相場は??

  • 売上規模
  • 法人or個人
  • 依頼する範囲(確定申告(決算申告書)のみか、記帳代行や月1面談なども依頼するか)
  • おおまかに上記項目を基準に金額を決められます。

    同業者に色々聞いてみると相場は1万~3万の幅かなという感じす。
    (3万以上の人もいますが)

    顧問料の交渉ですが可能な限り安くしてもらえるように交渉することをオススメします。

    自分の顧問税理士がよく口にしていますが、税理士も今後AI進化の関係で淘汰されていく業界のようなので強気で交渉するといいですよ。

    とっても、今後関係を築いていくことになるので感じが悪くなるような交渉は控えてくださいねw

    自分の場合は年商3000万設定、個人事業主で全て丸投げで月1面談ありで年間30万円で契約し、後に法人化しましたが今のところは年商が伸びたことや、法人化したことによる金額変更はきていません。

    税理士の探し方、選び方

    探し方は何でもいいんですが、面談の希望なく、資料をメールや郵送のみでやりとりするだけでいい場合は遠方も視野に入るのでググるのも一つの手段です。

    ただ毎月面談をしたい場合は、地元の税理士さんに絞って探していきましょう。
    (税理士会に依頼すれば地元の税理士リストのようなパンフレットを貰えます)

    探してみるとわかることですが、インターネット小売業に精通している税理士というのはそう多くはありません。

  • アマゾン仕入れ
  • 楽天ヤフショ仕入れ
  • フリマ仕入れ
  • 店舗仕入れ
  • せどりに慣れてくるとあらゆる仕入れ先が増えてきますが、普通のスーパーやホームセンターだけしか顧問したことない税理士だと、「???」となります。電脳仕入れが多くなってくると、ポイントについても理解してもらう必要があります。

    せどりは仕入れ先がかなり分散されがちなので、通常小売店と違って税理士の負担が少々大きいんですね。こちらの事業内容を説明しても中々理解してもらえなかったりしたので、ネット小売業者の担当経験がある税理士か、前向きに理解してくれようとする税理士を探しましょう。

    個人的にはかなり時間のショートカットできている感

    冒頭に書いたとおり、自分は経理作業が大の苦手なので、自分ですることによりかなり消耗するし膨大な時間がかかるとおもいます。

    月25000円で依頼していますが、自分の時給を2000円と仮定した場合、12~13時間経理作業に費やしてしまうようでは依頼した方が効率面ではいいことなります。

    また、事業をしているとあらゆる書類(税関係以外も含めて)が届くようになりますが、よくわからない書類も多いです。そういったときに自分でググるなりして調べるのもいいんですが自分の場合は顧問税理士に書類の写真を送って「必要な書類かそうでないか」を一瞬で確認します。必要な書類の場合は税理士に丸投げ、不要な書類は即処分。

    税関係以外でも事業者の元へ届く書類はたくさんありますが、これらに時間と労力を奪われないのも税理士に仕事を依頼するメリットとおもっています。

    やめておいた方がいい税理士タイプ

  • 信頼して仕事を任せられなさそうな人
  • 多少の売上変動によって顧問料を変えてくる人
  • レスポンスが遅い人
  • ネット小売店販売に理解がない人
  • 厳しい意見をいってくれない人
  • 人間関係のフィーリングが合わなさそうな人
  • 税理士さんとは人間関係としての付き合いとなってくるので上記に当てはまる人は避けるのが無難です。

    「厳しい意見をいってくれない人」というのは、経営状態が悪くてもズバっといってくれない人のことです。

    結局のところ、税理士に依頼すべきなのか

    色々書きましたが税理士に依頼するかどうかは個人の自由です。固定経費がかかる話なので。

    ただ税務知識に長けていて自分でできてしまう場合でも、専業で売上をどんどん伸ばしていく場合はマストかなとおもいます。税金はなめてるとコワいらしいのでプロに任せておくと安心です。

    税理士の能力に大きな差があることはあまりないとおもうので、一番大事なのは「対人としていい関係が築けそうかどうか」かなとおもいます。

    以上です。参考にしてもらえれば幸いです。

    毎月の自動粗利計算、自動価格改定はプライスターがオススメ

    ↓↓↓ここから色々なせどりブログへ飛べます↓↓↓

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です