【2020年の楽天市場出店審査】申込はハピタス、費用は交渉する

りー
2020年6月に審査通過した内容です

この記事では、楽天出店するにあたり、申請から販売開始するまでの流れについて書いています。

 

審査前に準備しておくもの
  • 楽天銀行(法人出店するなら法人口座)
  • 30万程度の資金

※スタンダードプランを前提としています

 

楽天市場出店は楽天口座が必須なので、もっていない場合は作成しておきましょう。
(口座開設していなくても出店申請できますが、出店審査通過しても口座審査落ちしたら出店できないので、事前に作成しておくのが吉。)

約30万の資金については出店料前払いで必要となります。(クレジットカード不可)

 

【2020年の楽天市場出店審査】申込はハピタス、費用は交渉する

下記は楽天出店するための、大まかな流れとなります。

 

申請から販売開始までの流れ①ハピタスにて資料請求

②送付資料に担当者の名刺があるので連絡する

③1時間ほどZOOMなどで楽天出店について説明をうける

④説明の3日後、担当に教えてもらいながら審査資料をすすめていく

⑤審査資料を提出し審査へ(約1週間)

⑥審査通過連絡の翌日、電話にて重要事項説明が約30分程度

⑦重要事項説明の2日後から契約開始だが、出店準備やページ審査などもあり、実際になどで実際に販売スタートできるのは約1か月後

 

ハピタスで資料請求すると15000ポイント付与されるので、必ずハピタスを通すようにしましょう。

 

条件は資料請求でなく、「資料請求→審査OK→入金」です。
ハピタス経由で資料請求後、出店せずに期間経過してしまうと次回以降は無効になるかもなので、資料請求するときはガチで出店を決意したときだけにしましょう。

 

資料請求→審査→支払い→反映まで1か月半ほどでポイント反映されます。

 

 

 

 

ハピタスアカウントない人は秒で登録できるので、下記公式より登録しておきましょう。

 

 

あとは上記②〜⑦の流れとなります。

アマゾンと違いアカウント作成から出品まで約2か月程度かかるので、販売開始したい2か月前には申請するようにしましょう。(6月から販売するなら4月には申請)

楽天は3月、6月、9月、12月と大型セールをするので販売スタートをここへあわせるのもあり。

 

他モール出店している場合にチェックされること

アマゾン、ヤフーショッピングなどに出店しているなら、審査にあたって下記がチェックされるようです。

 

  • 実績
  • 業歴(アカウント作成から今日まで)
  • 評価数
  • 取り扱い商材

 

アカウント登録した日もわかるようなことをいっていましたね。

アダルト商品、せどり仕入れの商品を他モールで出品している場合は審査のときだけは一時的に出品停止しておきましょう。

アダルト商品は楽天禁止。審査途中に他モールで販売している商品の仕入れ先を求められることがあるようなんですが、せどり仕入れだと何かと面倒そうなので。

 

提出する資料

 

提出物は「細かいな」というかんじ。

 

  • 事務所内観(部屋の写真でOK)
  • 事務所外観(マンションの外観など)
  • 倉庫・事務所があれば、内観と外観(在庫を積んでいるなど物販やってる感あると尚良し)
  • メイン商材の実物画像
  • メイン商材の白抜き画像
  • メイン商材の仕入れ請求書
  • 古物商
  • 倉庫・事務所などの賃貸借契約書
  • 法人であれば健康保険証

 

仕入れ先請求書というのはネット問屋のネッシーや、大手量販店ヨドバシでもいける(らしい)です。

 

どのプランにするべきなのか

 

楽天担当いわく、7割がスタンダードを選択するとのことです。

表をみても初心者でも、ガチめにやるなら「スタンダード一択感」がありますね。

目指すのが月商100万程度なら、がんばれプランなどでいいとおもいますが手間かかる楽天出店するなら、もう少し上を目指したいですよね。

スタンダードプランは月商132万が損益分岐点となるようで、当然自分もこれ以上の月商を目指すつもりではいるのでスタンダードプランを選択しました。

月額費用が気になる場合は、がんばれプランやライトプランから始めるのもいいとおもいます。

出店費用は交渉したら安くなったので、交渉してみることをオススメします。
必ず対応してくれるわけではないですが、一言いれるだけでいい答えが返ってくるかもです。

 

楽天運営での途中退店には注意

楽天は年契約となるので、途中退店については注意しておくようにしましょう。

撤退タイミングは自由ですが、満期前にやめると出店費用がムダになるので、最低でも1年はがんばるつもりでとりかかりましょう。

 

契約期間:20/4/1-21/3/31
退店:20/09/31
無駄:20/10/1-22/3/31

 

上記を例にすると6か月分(スタンダードだと30万円)がムダになるので、撤退タイミングは注意しておきましょう。

自主退店でない強制退店(アマゾンでいうアカバン)になった場合はどうなるのか聞いてみましたが、明言なかったです

 

楽天市場出店ポイントまとめ

最後に出店申請の要点をまとめます。

 

  • 個人の副業はNG(個人事業主は可)
  • 申請前に楽天銀行を用意しておく
  • 申請はハピタスから
  • 申請から開店まで1か月程度かかる
  • 多販路で出品している商材で審査不利になるものは出品停止しておく【アダルトや悪質転売品(吊り上げ価格のマスクや除菌商品など)】
  • 出店費用は月額だが年契約で前払い(スタンダードプランの場合)

 

アマゾン、ヤフーなどで数年程度、健全運営しているなら問題なく通るとおもいます。

楽天は先行者優位性が強いモールなので、興味があればはやめにチャレンジしてみましょう!

先述していますが、ハピタス経由で資料請求して通貨すると15000ポイント付与されるので、必ずハピタスから申請しましょう。

 

 

メルマガの方では、継続的に稼ぐための考え方や手法などを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です