【単価・募集テンプレ有り】せどり納品は早めに外注して自分の時給を上げる

【仕事を減らして時給を上げる】

どうも、りーです。

せどりを開始してさっさとやっておけばよかったと後悔していることの一つが納品作業外注です。

新品電脳仕入れでリピート商品を多く扱っている人は、外注化するだけで月商アベレージ確実に上がります。

確かに多少の経費は使い手残り金額も減りますが費用対効果が抜群ですし、自分の時給は上がるので個人的にはオススメします。

自分の実働 月利 自分の時給
自分で納品 150時間 月利30万 2000円
納品を外注 130時間 月利28万 2150円

※時給1000円で月20時間委託した場合

上記内容だと、手残りは2万減りましたが20時間という時間を獲得した上に、時給が若干上がっています。(ステキやん)

  • 時給が上がる。
  • 作業を減らし楽ができる。
  • 時間も得て生産的な作業に時間を投下できる。

手残りより仕事減らして時給上げたい人は外注必須です。

外注化する為の流れの要点を書いていきたいとおもいます。

【募集テンプレ・単価】せどり納品外注完全マニュアル

どの業務を外注するか決める

アマゾン販売で外注するのは下記3点がメインとなります。

①リサーチ/仕入れ
②納品プラン作成
③発送作業(梱包、シール貼り等)

まずは自分が何を外注するかを決めましょう。
(自分が外部に外注しているのは③となります。①②に関しては身内に一部委託しています。)

やはり一番初めに外注するならFBA納品作業かとおもいます。

新規開拓リサーチ作業を外注するのは、中々ハードルが高そうです、リピート仕入れや業者見積りリスト、発注作業なら身内にお願いできますけどね。

無料掲示板で募集する

外注したい内容が決まったら募集します。
今は有料のタウンワークとかでなく、無料でたくさんの募集媒体があるので無料を利用しましょう。

自分はジモティーで募集しました。
地元の人が集まりやすいので、近隣の人にお願いしたい場合はジモティー一択です。

納品以外の多少のスキルがいる業務や、逆に地元以外の人に依頼したい場合は下記もオススメです。

下記が自分が募集したときのテンプレートとなるので、よければアレンジして使って下さい。

☆☆お仕事の募集となります☆☆
〇履歴書は不要です(免許証コピー要)
〇簡単な面談を一度行い、 面談にて適正を判断し採否を決定します。
〇お仕事内容が内職系の軽作業となります。
〇年齢は問いません。
〇簡単な軽作業となります為、 単純な作業をコツコツして頂ける方を求めています。

【仕事内容】 簡潔に(参考:ネットショップの出荷作業補助 商品の袋詰やシール貼りなど簡単なお仕事です )
【依頼形態】業務委託
【学歴・技能・スキル】特になし
【必須条件】 参考:自動車免許、マイカーでお越しが可能な方 (バイク、自転車も可)
【応募資格】 参考:18歳以上 ダブルワークや主婦、学生の方大歓迎
【募集人数】〇〇名
【勤務地】来てもらう場合は作業住所、外注さん宅で作業してもらう場合はその旨
【就業時間】参考:平日9時~18時の間(土日も可)(基本希望時間に合わせます)
【報酬】 作業個数により報酬を設定しておりますが、 時給1000円程度となるように計算しております。
【その他】業務委託のため、作業終了後に領収書を書いていただきます。 用紙はこちらで用意しますので、印鑑はご自身でご用意お願いいたします。
【応募方法】 まずはジモティーのお問い合わせにてご連絡ください。

お問い合わせの際、下記事項をお伝えください。(ない場合は返信致しかねます)
———————————-
〇お名前: 年齢:(○○代)
〇性別:
〇お住まい:(○○市、○○区)
〇移動手段: 交通費概算(往復)
———————————-

追って、詳しい業務内容等をお伝えいたします。 ご応募お待ちしております。

地域によるかもですが、上記内容で希望者はそこそこくるとおもいます。

  • 履歴書不要
  • 座り軽作業
  • 時給1000円以上

この辺りを入れておけば必ず応募あるとおもいます。

継続して依頼したいとおもえるのは、5人中2人が体感です(弊社調べ)
全くデータ少なすぎるで参考になりませんがw

シール貼り、梱包作業のような地道な単調作用はやはり女性の方がいいかとおもいます。(男性に依頼したことないので勝手なことはいえませんが)

募集するときは「男性不可」と記載するのはNGなので女性しか採用する気がなくても記載しないようにしましょう。(男性から応募くれば終了しましたといって断ればOK)

委託する人が決まったら準備するもの

  • 業務委託締結書
  • 領収書

委託する人が決まったら、業務委託締結書を準備しましょう。
「業務委託契約書 テンプレート」でググると無料配布されているので、好きな雛形をダウンロードして自分の決まり事などを記載してアレンジしましょう。

仕事を依頼することになったら、作成した業務委託契約書を渡します。

領収書については、100均で売っているもので問題ありません。

作業終了後は作業者に画像のように記入してもらい、控えをとって1枚は作業者へ渡しましょう。

委託流れと単価(参考)

  • シール貼り 1個辺り5円(大型商品10円)
  • セット梱包 1セット辺り15円~30円(セット内容による)

自分が外注さんに出している単価は上記です。(その他、雑務の単価もあります)
外注さんの自宅で作業してもらったり、荷受けをしてもらう場合はこれよりも上げた方がいいとおもいます。

内職みたいな感じでやった個数に応じて報酬を設定しているのですが、先述したとおり時給1000円以上出るよう設定していますが、数名の作業時間を実際に計測して出しています。

外注さんが自宅にくる→作業表渡す→外注さんが作業場へ行く→質問等は電話でやりとり

こんな感じでやっています。作業はスプレッドシートやエクセルで自分流の簡易なものを作りましょう。

試しに軽く初めてみようのノリでOK

始めたら引き返せないというわけではないので、重い腰を上げて一度試してみるのが一番です。

外注化のハードルは高くない

外注に対して「人を雇うなんて」と尻込みしてしまう人がいるかもですが、あくまで業務委託です。

社員やアルバイトとは定義が違うので、ずっと仕事を与えたり、合わない人と付き合っていく必要がないんですね。
(この辺りはしっかり面談の際に説明して理解納得してもらった上で仕事を依頼しましょう)

仕事でのミス、欠勤が多いようであれば次回から依頼しなくていいだけです。
継続的な仕事を出し続けるのは難しい場合は出さなくても問題ないんですね。

あと継続依頼でなくて年末商戦とかの繫忙期だけお願いするだけでもいいし短期バイトを募集するみたいなノリで1日とか2日でいいわけです。

小さく始めて、いいとおもったら導入するのがベストです。

確定申告に関しても業務委託の場合は、こちらで行う必要は一切ありません。
本人にしてもらうことなので、これに関しても負担はないですね。

続けてもらうためのポイント

せっかく募集だして面談して、時間労力使って教えたんだから長く続けてもらいたいですよね。
自分はもうすぐで外注して1年ほどになりますが、2人に継続してもらっています。

  • 人の意識を変えるのは難しい→ミスをしにくい環境作り
  • 上から接さない→こちら側がしてもらっている意識をもつ
  • やってはいけないことはしっかり伝える→ミスされたら困るのはダブルチェックを行う

仕事熱が自分と外注さんで同じワケないので、上手く線引きすることをオススメします。

少し長くなったので、要点を振り返ります。

  • 時間ができる
  • 時給が上がる
  • 委託なので雇用でない
  • やってもらっている意識で依頼する
  • 生まれた時間で生産性のあることをする

ある程度売上が上がってきたら早めに外注化して時間を生みましょう(^^)/

毎月の自動粗利計算、自動価格改定はプライスターがオススメ

↓↓↓ここから色々なせどりブログへ飛べます↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です