せどり辛すぎワロタwって挫折するのは普通です

りー
アマゾンせどりはいつでも辞めて、いつでも戻れる
  • リサーチ頑張っても仕入れができない
  • 一人で黙々と孤独にせどりしていてモチベーションが保てない
  • ずっと同じ作業の繰り返しで消耗

これはせどり悩みあるあるですが、特にせどり始めた手の人に当てはまるかなとおもいます。

まぁ、今でもこのようになることは普通にありますw

こういったことから挫折がよぎるのは根性ないからとかでなくて、至って普通なのでトライ&エラーを繰り返していきましょうという話をします。

せどりで挫折しそうになるのは普通な話

せどりは再現性は高いがラットレースにハマりやすいです。

  • サイト→再現性が低く、収益化までは時間を要するが軌道に乗れば資産になる
  • せどり→再現が高く、収益化までは速いが資産になりにくい

ブログとせどりを例にすると、こんなかんじ。

物販も自社製品や参入障壁の高いメーカー仕入れには資産要素がありますが、それはせどり(単純転売)には該当しないですからね。

ラットレースは消耗コースなので、可能な限り回避していきましょう。

リサーチ頑張っても仕入れができない

まずはこれ。初期は特にこれ。

いやーリサーチ辛いですね。今でも辛いです。

利益商品を見つけるためにパソコンカチカチ、ビームピコピコなんて苦行以外のなにものでもありません。
(楽しい大好きという人がいたらスミマセン、そんな方は立派なド変態に認定します)

納品嫌い!仕入れ、リサーチしたいって人が多いとおもいますが、自分は納品の方がまだいいです。
(納品もキライなんですが、基本的に単純作業なので続けるにはマシ)

納品は増えても外注化できますが、リサーチ作業はそう簡単に外注できないですからね。

電脳せどり始めたての自分はこんな感じ↓

パソコンに座って検索(やるで~)

1時間カチカチしても利益商品見つからず。。(利益商品はよ)

何十何百検索してようやく数点見つかる(これだけやってこれか)

納品したころには出品者増で値崩れ(え、うそん)

トントンor赤字で売りぬく(まぁ勉強代として次次!)

商品数が少ないから商品数増やす(根性と気合や!)

時間と労力だけ奪われていく(コレジャナイ感)

地獄無限ループ確変突入\(^o^)/

悲しいループですが、せどりしたことある人なら皆、経験するのではないでしょうか。

一人で黙々と孤独にせどりしていてモチベーションが保てない

あるあるの悩み、モチベーション問題。

専業は死活問題なのでモチベーションとかいってられませんが、副業で本業とを両立するのは中々キツイはず。

なので副業の人で結果出している人は相当すごいとおもいます(自分が副業でせどりやっていたら辞めていたでしょうから。)

特に右も左もわからな時期に、結果が出ない作業を一人でこなしていく孤独感は結構萎えるものがありますからね。

ずっと同じ作業の繰り返しで消耗

「ん??なんか自分ずっと同じことしてない?草」っておもうときは必ずきます。

リサーチ→仕入れ→納品→リサーチ→仕入れ→納品→リサーチ→仕。。ry

せどりは基本このサイクルなんで、当然同じ作業の繰り返しが多くなり、飽きがきてモチベーションダウンへ繋がります。

あと細かい雑務も結構ありますからね。。

アマゾンうぜぇ

「あーなんだよ真贋って。せっかく頑張って仕入れたのに、てかシンガンとか新人類の言葉??初めて聞いたわ(鼻ほじ)やーめた」

たぶん事実として、こんな感じでヤメた人もいるのではないでしょうか。(完全な憶測)

「頑張って仕入れてアマゾン様に手数料という名の年貢を納めて、頑張ろうってのに、出品する権限すらないですって??もうイイワヨ!サヨナラ!!二度と現れないで!!!」

的な?(また完全な憶測)

まぁ真面目にこれでは消耗しますよね。簡単に仕入れできるわけでもないのに、この仕打ちはね、ターゲットにされた大半は本物扱ってるでしょうし。

今年に限っては新規アカウント狙いの真贋、出品規制が乱発されたイメージなので、どの程度かわかりませんがこれが原因で辞めた人もいるとおもいます。

せどりで挫折しそうな前にやってみること

挫折する要因に対して、対策を考えていきたいとおもいます。

リサーチ方法を見直す

一つのリサーチ方法でいきづまったら、リサーチ方法を変えましょう。

初心者のうちは全頭検索の勢いで検索しまくるのも否定しませんが、やはりそれだと続かないですよね。

  • 全頭検索→値引き商品に重点置いて見る→オープンセールや閉店セールを開催している店舗に行く
  • ブックオフセット本オンリー→新品扱う→単品だけでなくセットカタログも見る
  • ジャンルを絞る→特定カテゴリに縛られず広いカテゴリでリサーチする

徐々に視野を広げていくと仕入れ率がグッと上がるとおもいます。
色々なリサーチ方法を試して、自分なりの型を作っていきましょう。

環境を変える

結構、環境変えるってモチベーション向上に効果的なとこあるんですよね。

  • 業務効率化できるような機能的なガジェットを買う
  • コミュニティに入る
  • 同業者と飲む

アイテム的な変化や、一時的な変化でもいいとおもいます。

作業環境でいうとゲーミングマウスやゲーミングチェアを買ってみるとか。
PC作業が早くなるし、長時間座っても普通の椅子よりは疲れにくくなったりするので結構いいです。

あと同業者と話すことで一時的でもモチベーションは上がるはずです。
一時的なんて意味ないという意見もあるかもですが、モチベーション低下中で同業者と話したいなら全然ありでしょう。
ドーピング的要素でも、そのまま意気消沈して辞めるより全然意味のあることです。

ある程度慣れるとコミュニティとか仲間いなくても大丈夫なんですが、初心者のうちはどこかに属した方がいいかもしれません。同じような境遇の人と情報共有や切磋琢磨できる環境があるとモチベーション維持に大きく貢献できるとおもいます。
りー
初心者時代は交流会やチャットグループ、リアルに会えるせどり仲間と付き合っていたなぁ(当時よく飲んでた人ほどんどが辞めちゃったけど)

単調作業は人に任せる

繰り返し&単調作業である場合は、はやめに人に任せることをオススメします。

よく外注化といわれ、せどりにおいて優先的、簡単に外注できる部分はFBAへの発送作業です。

規模にもよりますが、この辺りの作業を自分でしなくていいだけで随分と楽になれます。

外注化が難しい場合、自分が納品しても負担がないように1商品辺りの利益額を大幅に高めて少ない商品数で運営するとかもありです。

自分は外注化するのが遅かった方なんですが、せどり始めてさっさとやっておけばよかった後悔の一つです。

【単価・募集テンプレ有り】せどり納品は早めに外注して自分の時給を上げる

2019年10月24日

アマゾン参入したてなら石橋を叩いて渡るつもりで

アマゾン販売する以上はアマゾンは王なので、絶対です。こちらで変えられることは何一つとてありません。

  • 規約遵守
  • 真贋、商標違反リスクのある商品知識はある程度つける
  • 仕入れ前に出品規制確認

大変ですが、面倒ごとを避けるために上記のことは最低限理解しておくのが無難です。

ブログやTwitter、LINEグループに属するなど、自分から情報を取りにいくことはいくらでも可能なので、予防線はっておきましょう。

メーカー出品規制に関しては、運用歴やタイミングによってワンクリック解除できる場合もあるので下記記事を参考にしてください。

【選択肢は3つ】アマゾンのメーカー出品制限・規制

2019年9月23日

結論:せどりで挫折を考えるのは必要悪

簡単にポイントをまとめます。

  • せどりで挫折を考えるのは普通
  • 上手くいかないことはトライ&エラーを繰り返す
  • 負担になっている作業は人に任す
  • ラットレースにハマりやすいので、辛い場合は一度立ち止まる
  • せどりはいつでも戻れる

せどりのトライ&エラーはプログラミングやアフィリエイトに比べたら圧倒的にカンタンですし、辞めてしばらくせどりしなくても失う知識なんてたいしたことないです。
アマゾンをメインで販売していくなら、今のところ先行者利益的な部分もたいしてありません。

今日始めた人が今日売れるのがアマゾンなので(^^)

メルマガの方では、継続的に稼ぐための考え方や手法などを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です