せどり倉庫、事務所の決め方

りーです。

上記画像はアマゾン創業スタート時の事務所画像として出回ったものですが、本物なんですかね?w

確証がないのでなんともいえませんが、本物だとしたら巨大企業のアマゾンもこんな事務所からスタートしていると考えたら感慨深いですね。

ということで今回は固定経費記事で記載した倉庫について、書いていきたいとおもいます。

事務所、倉庫は必要なのか

まず事務所、倉庫の必要性についてですが

・仕入れ物量が多い
・廃盤商品等の寝かせ在庫が多い
・発送作業外注化したい

この3点に該当すれば必要になってくるんじゃないでしょうか。うん、普通のことですねw

とはいっても、事務所を持つというのは中々のコストなので借りるのは慎重になった方がいいとおもいます。

安くても4、5万はしてくるんじゃないでしょうか。

薄利多売で物量が多くても自宅を圧迫する在庫の利益が、事務所費用以下ならその仕入れをやめたほうがはやいですね(^^)

圧迫商品が事務所費用を余裕で超えてくれるなら事務所で作業をしてもらう外注さんにも依頼しやすくなるメリットも出てくるので検討していきましょう。

自分が事務所、倉庫を決めたときの条件

・1階であること
・家賃は5~6万目安
・広さは40~50㎡目安
・自宅から3キロ圏内

こんな感じの条件で探したとおもいます。

自分が利用している配送会社は1階であることで、配送料金が優遇されるワケではないのですが、集荷の人のことを考えると1階にするのは当然ですね。

広さは40㎡以上あれば十分かなー的な感じです。

自宅から近いというのは重要ですね。通勤時間が長くなるのは無駄ですから。築年数やクオリティは全くこだわらなかったです。

自分は該当しませんでしたが、集荷エリアによって配送料金が優遇される場合もあるようなので、まず利用している配送会社に確認してみるのもいいです。

企業が密集しているエリア等は配送会社の集荷業務を効率的に行えるので優遇されるパターンがある。

自分が実際に借りている倉庫

自分が借りているのは

・賃料税込33000円
・広さ45㎡程度
・自宅から徒歩3分
・電機は有り
・2世帯住宅の1階が倉庫版みたいな感じなので配送先住所として指定可能
・事務所というよりトイレなしのザ倉庫

こんな感じです。

(ボカシは段ボールですが継続商品のメーカー名がガッツリはいっているのでご了承を)

うん、ザ倉庫ですね~w

メインで使ってるのが上記画像で、サブで使ってる倉庫がこれ↓

こちらは身内所有のガレージを短期で借りてるんで、無料です。

他の方のようなオシャレ事務所では全くないですが、リサーチや事務作業は自宅でしているので


「在庫が置けて発送作業ができればいい」

というスタンスなので、始めはこんなもんでいいです。

事務作業ができるような快適な場所だとコスト増えますからね。事務作業が自宅でできるウチは自宅でします。

ええかっこできるシャレオツ事務所はレベルアップしてからです(^^)

トイレなく外注の人かわいそうとおもわれそうですが、とりあえず、現状は全く問題ないようです。
(そもそも滞在時間が短いので、徒歩3分圏内にファミマあるので緊急時はそこです)

暖房設備はこの冬はこれでいけました↓

40㎡程度の倉庫でも効果抜群でした。
(灯油なのでめんどいですが)

ヤフショでかしこく買いましたw

事務所倉庫は販売スタイルと費用対効果で決めよう

専業でも賃貸コストで5-6万ってやっぱ痛いので、よく考えた方がいいとはおもいます。

賃貸コスト不要なのがネット販売のメリットなので(^^)

家族持ってて、自宅にリサーチ作業や事務作業を快適に行る場所がない!って人は事務所件倉庫がいいですかね。

まぁ、個人的には事務所や倉庫不要の販売スタイル確率できるならそれが一番だとおもいます。

自分が実際に支払っている毎月の固定経費については下記記事にまとめています。

せどり専業者の自分が実際に支払っている固定経費

2019年4月5日

。。。

固定経費悪!!!!

それではまた~。
 

メルマガの方では、継続的に稼ぐための考え方や手法などを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です