1商品で利益100万超えのゴローズから転売のいろはを学ぶ

りーです。

突然ですがゴローズってご存知でしょうか?

この記事のトップ画像の男性が
高橋吾郎さんといってゴローズの生みの親となります。

高橋吾郎さんは既に死去されているのですが
ゴローズブランドの価値は右肩上がりとなっています。

今回はゴローズ転売をやりましょうという話ではなく、

ゴローズから学べる
「転売のいろは」的なことを書いていきたいとおもいます。

ゴローズとは

ゴローズとは国内では原宿に1店舗しかないアクセサリーショップです。

ゴローズ原宿店

住所:〒460-8430 東京都渋谷区神宮前4-29-4
TEL:03-3404-8079
営業時間:月曜日~日曜日/13:00 – 20:00(休憩17:30~18:30)
定休日:水曜日

ゴローズ直営店へ電話で聞いたのですが

ヤフオクをはじめ、ネットで出回っているのは
まず偽物とおもってもらっていいと回答されました。

結構な割合で模造品が出回っているようです。

直営店ではネット通販は一切しておらず、
店舗へ足を運ぶしか正規品を購入することができないようです。

・供給先が限られている
・実店舗は国内1店舗という少なさ
・アクセサリーというコアなファンがつきそうなジャンル

まさに転売ヤーに目をつけられる内容ですね。

転売対象となった理由

ゴローズの価値は昔から高かったようですが
国内1店舗でアクセサリー専門ショップということで
一般的な知名度はそこまで高かったわけではありません。
認知度が広がったのはきっかけがあります。

ではなぜ転売対象となるくらい知られたのか?

・元SMAP木村拓哉さん
・俳優の金子賢さん
・三代目j soul brothersの登坂さん
・岩城滉一さん
・土屋アンナさん
etc…。

ファッションに敏感な人がお手本にするような
著名人がこのゴローズを着用していたからなんですね。

人気芸能人が身につけたものや紹介したものの
影響力は凄まじい場合があります。

木村拓哉さんは
シュプリームも愛用されていますが
シュプリームも有名な転売案件ですね。

1回の利益100万超え

イーグル転売のポテンシャルですが
これは非常に高いです。

1商品1個仕入れで100万超えという世界です。

上記画像はゴローズ買取業者の買取価格となるのですが

例えば頭金大イーグルの
買取相場は150万~200万となっていますが定価は15万程度です。

で、
この買取業者にも電話したのですが意外にも
色々教えてくれました。

買取業者のお話
・ネットで出回っているのはほぼ偽物
・稀だがネットで格安で購入したものを売りにきた人の中で本物もある
・最近180万で買い取ったイーグルを320万で売った
・300万を出してでも欲しい人がいる
・販売先は国内に限らず海外も(世界中に欲しい人がいる)

こういったことを言ってました。

せどりは需要と供給バランスが全てなのですが
ゴローズの需要と供給の歪みが100万以上あるということです。

仕入れ障壁は極めて高い

この驚異的な利益を見て
当然転売したくなりますよね?

お察しのとおり、
イーグルを手にすることは極めて難しいです。

国内に1店舗しかない関東まで直接行かなければならない

冒頭でも触れましたが
ゴローズは国内に1店舗のみしかありません。

ネット通販は一切やっていないので店舗へ行くしかありません。

先述したようにネット販売はほぼ偽物なので購入しないようにしましょう。

入店すること自体が厳しい

これだけの利益を叩き出せる商材を世の転売ヤーが放っておくわけがないですよね?

プロの転売ヤーは人海戦術方で並ばせ屋を雇って突撃してきます。

毎日300人は並んでいるそうです。
(1日に入店可能なのは50人程度)

朝11時までに並んで抽選

身分証提示

タブレット端末で機械式抽選

という流れとなり、当選した場合は
再度身分証を提示して入店します。

入店したのに買えない?

入店したらこっちのもんや!というわけではなく、
購入できない場合があります。

後の方の入店の為、お目当てが売り切れ
・お目当て商品がそもそも在庫切れ
・店員に転売ヤーとみなされ購入拒否

こういった理由になります。

ゴローズ直営店員さんが電話でいっていたのですが
そもそもイーグルは年間に数個程度しか生産しておらず、
入荷状況も一切公表していないとのことでした。

入店してみて初めて何が販売されているかわかるわけですね。

勿論転売ヤーにも厳しいので
転売ヤーとみなされた時点で売ってくれません。

商品名を言えない
・商品知識がない
・明らかにゴローズとかけ離れたファッションをしている

等々。
スイッチ転売の並び屋のような汚いおっさんなんかは即アウトでしょう。

ゴローズは転売構造の縮図である


・有名人がきっかけで認知が広まる
・圧倒的な生産数の少なさ
・圧倒的な仕入れ障壁の高さ
・需要と供給のバランスが崩壊している
・数百万でも欲しい人はいる
・希少性は年々高まっている

このゴローズ案件は転売の基礎といえる要素が
ふんだんに詰まっていますね。

冒頭でも書いたように
イーグルを血眼になって仕入れましょうという話ではなく、

転売構造を理解することは
せどりをやっていく上で役立つ考えなので知っておいて損はないとおもいます。

個人的にゴローズの話は
おもしろいと感じました(^^)

それではまた!
 

メルマガの方では、継続的に稼ぐための考え方や手法などを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です