せどり初心者のころに買ったコンサル、情報商材をレビューしてみる

りー
昨今はノウハウや情報に価値はあまりないです

今回は、いつの時代も議論?になる、コンサル、情報商材の必要不要論についてです。

これまで自分が、せどり関係で課金した内容が下記。

①せどり教材:3万
②コンサル:10万
③amazon刈り取り教材:1万
④フリマ仕入れ教材:2万
⑤輸出教材:3万
⑥ドンキ教材:2万
⑦コンサル:20万

読者さん
糞ノウハウコレクター養分乙w
りー
ぐぬぬ。。

上記はせどり開始1年内で課金した内容で、最後のコンサルから2年半経っていますが、そこからは一切課金してないです。

憶測、感情論でのコンサル、商材批評が目につきますが、ただ批判するのではなく、実際に自分が身銭を切って買い、体験した正直な感想を書いていきたいとおもいます。

せどり初心者のころに買ったコンサル、情報商材をレビューしてみる

「課金すれば魔法のような、とっておきのノウハウが手にはいるのではないか」とかおもって課金。
それはダメです。

とっておきのノウハウなんて販売されないので。

自分の場合は、ある程度パッケージ化されたものがいいとおもってしまうのでサクッと買ってしまったりします。

これまで課金したコンサル、教材について時系列順に、レビューしていきます。

購入した「せどり教材、コンサル」レビュー

①せどり教材

  • 価格:3万
  • 内容:サイト形式教材
  • 評価:☆☆☆

本格的にせどりに取り組もうかなぁと、考えていた時期に当時そこそこ評判のよかった発信者の教材。

随時コンテンツが更新されていくサイト形式、チャットワーク、交流会参加など、ノウハウ以外のメリットが大きいとおもい購入。

自分が当時ウォッチしていた発信者のほとんどが、この教材を購入し、チャットワークに在籍してたので、結果を出している人へアドバイスをもらえたのはよかったです。

今はSNSが強く、気軽にSNSで交流会募集されていますが、当時自分が知る発信者界隈は全くSNSやっていませんでした。
なので交流会参加も魅力でしたね。

3万円とわりと値がはりますが、得られたものも多いし、一応現在もチャットワークは健在なので(ほとんど機能していませんがw)、色々学べました。

②コンサル1

  • 価格:10万
  • 内容:LINEグループ型簡易コンサル
  • 評価:☆☆

当時ウォッチしていた発信者が簡易コンサルをするということで、初コンサルを受けました。

数人のLINEグループを作成して、グループ内でコンサル者がノウハウ、マインド、利益商品の紹介をしていくって感じ。

利益商品に関しては、店舗商品がメインだったので数人程度のグループ内で飽和することはなかったです。

コンサルとしてはどうなんでしょうか、コンサルといえたのか、いまだよくわかりません。
コンサルとしての質は低かったかもです。

③amazon刈り取り教材

  • 価格:1万
  • 内容:PDF形式
  • 評価:☆☆☆

今は刈り取りなんてamazon刈り取りなんて無料ノウハウですが、当時はまだ新しいノウハウ。

PDF形式ですが、そこそこクオリティが高かったです。

再現性は高く、教材費が安いので、当時はコスパいい買い物したなとおもいました。

情報の価値なんて時代によって変わるので、今でもこれはこれでよかったとおもっています。

④フリマ仕入れ教材

  • 価格:2万
  • 内容:PDF形式
  • 評価:☆☆☆

いまはなにかと批評の的になりやすいフリマ仕入れ。

メルカリの仕入れですが、まぁやっていました。

今はやってませんけどね、シンプルに労力に合わないからです。
(法律面やアマゾン規約関連でもなにかといわれがち)

教材内容は、知らないことばかりでアタリでした。

⑤輸出教材

  • 価格:3万
  • 内容:PDF形式(セミナー付)
  • 評価:未実践

教材の中身は問題なかったですが、なにかと自分のなかで理由づけして(マインドブロックといわれるやつ)実践まで至りませんでした。

輸出に興味がでたタイミングだったので買ってみたんですが、なんか思考がフラフラしていた時期だったので中途半端なところで放り投げてしましました。

これは教材の買い方で、一番ダメなやつですね、自分が悪いです。

⑥ドンキ教材

  • 価格:2万
  • 内容:PDF形式
  • 評価:☆

知っていることばかり書いてました。
2万払ったあとにペラペラ教材みたときは、ちょっとした絶望感に襲われますw

買わないつもりでしたが酒飲みながらセールスライティング見てたらノリでポチってました^^;

のちに教材内容が無料ブログに公開されるというオチ。。

知らなかったとしても、初心者向けとして無料公開すべきレベル、残念な作成者です。

控えめにいって、くそボッタクリでしたw

自分がこの教材の作成者なら、無料かnoteワンコインレベルでだします。

本人いわく、かなり売れたらしいですが内容がゴミでも、セールスライティングが優れていたら売れるというビジネス構図を学びました。(無理くり肯定)

セールスライティングを評価して⭐︎1つです。

⑦コンサル2

  • 価格:20万
  • 内容:電脳、業者仕入れがメイン
  • 評価:☆☆☆☆☆

せどりで一番最後の課金です。

今の自分の軸になっている電脳、メーカー仕入れコンサルですが、これが一番よかったです。

今でも機能しているLINEグループに、定期的に有益情報発信してくれ、交流会もあったり、コンサル後でも普通に質問答えてくれます。

自分は多くの発信者を知っているわけではないですが、数年この業界にいて唯一、尊敬できた人ですかね。

課金した人のなかで、たぶん現在も現役なのはこの人くらい。

メンターという言葉は好きではないですが、自分にメンターがいるとすれば、このコンサルをしてくれた人です。

コンサル、教材を買うべきなのか?

結果をだす、ださないの視点でいうと下記。

  • 無課金独学で行動しまくる人
  • 課金しまくりで行動しない人

どちらが結果がでるかは明白ですよね。

結果をだすださないでいうと、コンサル教材は不要です。

結果に導くのは、ノウハウでなく行動量なので。

結果をだすださないじゃなく、自分がどういうスタイルで取り組みたいかです。

  • 情報がパッケージ化されたものがほしい人
  • 迷う時間をなくしたい人
  • 情報を取捨選択する時間をなくしたい人
  • 道筋を示してほしい人
  • 失敗回数を減らしたい人
  • 短い期間での結果を求めている人
  • ノウハウ以外の価値がほしい人

こういう思考の人は、課金するべきではないでしょうか。
自分がそうなので、そう結論づけました。

情報デブ(ノウハウコレクター)にならないために

この記事を書きながら、いろいろ思いだしながら考えていたんですが、やはりノウハウそのものには大きな価値はないのかなと。

いや、もちろんノウハウありきで大事は大事なんですが、課金すべきかどうかでいうと、だいたいのノウハウはグーグルさんに納品されているんじゃないですかね。

結局、血となり肉となるのは実践、体験、失敗、思考です。

少しくさいですが、ノウハウやコンサルはあくまできっかけですからね。

課金する場合は、下記を必ず守りましょう。

ひとつの課金を回収してから次の課金をする

これは鉄則です。

よほどのゴミ商材なら仕方ないですが、普通のクォリティの教材なら、まず確実に実践して落としんでから次の行動にでましょう。
でないと、情報デブ(ノウハウコレクター)まっしぐらです。
(輸出教材を放り投げた自分がいうことではないですねwまぁ反面教師ということで。)

PS:余談ですが、せどりスクールはやめておいた方がいいかな。。とおもいます。(今もスクールとかあるのかは謎です)

いや、自分がスクールはいったことないのに批判するのはあれなんですが、実際スクールはいった人の話を聞くに費用対効果が悪すぎる。。っておもいました。

スクール相場は30万とかしますが、それだったら同じような価格、もしくは低い価格でマンツーマンコンサル受ける方がいいんではないでしょうか。

毎月の自動粗利計算、自動価格改定はプライスターがオススメ

↓↓↓ここから色々なせどりブログへ飛べます↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です