わからないことはアマゾンセラーセントラルをフル活用しよう

りーです。

最近生活がどんどん昼夜逆転してきていて直さないとなぁとおもっているのですが
一度逆転したサイクルを直すのは中々難しいですね(^^;

しかも今日は9時間くらい寝てしましましたw

明日は朝起きないといけない予定があるので
これを機にサイクル直そうとおもいます。

さて今回は
わからないことはアマゾンセラーセントラルをフル活用しよう
ということについてです。

アマゾンを利用していると
わからないことがたくさん出てきますよね。

ちなみにこのブログでは基本的に操作手順とかを
詳しく解説することはしないのですが

それはアマゾンに聞くのが一番正確で丁寧に教えてくれるから
自分が書く必要ないとおもってる
からなんですね。

手順も変更されることあるでしょうし、
自分がその都度最新の情報に変更できる自信がないですからね(^^;

なのでアマゾン手順でわからないことは
古い情報かもしれない無料ブログ見るより
アマゾンに聞くのが確実ではやいです。

自分もわからないことはありますし、
アマゾンシステムを全て理解しているわけではありません。

その都度アマゾンシステムを活用していますので
そのことについて書いていきたいとおもいます。

新着情報は毎日確認しよう

セラーセントラルにログインしたら
真ん中に普通に表示されていますがサラッと目を通しておきましょう。

アマゾンは日々変化していますので
手数料改定や変更内容を新着情報で更新しています。

受領遅延やシステム障害も表示されています。

今はポイント1%負担撤回のお知らせが表示されていますね。
こういったこともここでの情報が確実な内容となりますからチェックしておきましょう。

アマゾン出品大学を活用しよう

Amazon出品大学は
アマゾンシステムを勉強するのに最適です。

初心者の人はもちろん、
初心者でなくても定期的に見直しておくといいページです。

セラーセントラル→パフォーマンス→Amazon出品大学

この手順でAmazon出品大学を開きます。

Amazon出品大学では、
FBA納品で注意することや要期限、危険物納品の注意点等
たくさんのことが詳しく書かれています。

アマゾンセラーフォームを活用しよう

セラーセントラル画面左下に
セラーフォームがあります。

おっ。。本日の投稿は中々ヘビーですね。。

ここはアマゾンシステムというより
出品目線での不満や困惑、不明点の相談がたくさん掲載されています。

アマゾンセラー用の
ヤフー知恵袋、5ちゃんねるみたいなイメージです。

出品アカウント持っていなくても
一般の人がグーグル検索しても閲覧できるようになっていますがw

困ったことがあったときは
検索窓にキーワードぶつけると過去掲示板が閲覧できますし、

求める内容がなければ
新規投稿して相談することもあります。

まぁ正直、
為にならない掲示板たくさんありますがw

でも困ったときは一度活用してみるといいとおもいます。

基本的には聞く方がはやい

上記にAmazon出品大学やセラーフォームを書きましたが
日常的に使うのは問い合わせです。

カスタマーの人もお金貰って仕事で業務していますので
グーグル感覚で遠慮せずバンバン聞いたらいいとおもいます。

自分もよく問合せしてます。

問合せには3パターンあるので
それぞれの特徴を書いていきます。

チャット

24時間対応可能。

深夜でも問合せ可能なのでタイピングが苦痛でなければ
これが一番オススメの問い合わせ方となります。

重要な問い合わせはメールがオススメですが
急いでいる場合等でチャットを使う場合は

重要箇所のスクショや動画を撮るようにしておきましょう。

メール

24時間対応可能。

レスポンス的には一番時間がかかる方法となります。

急ぎでなければ
メールが一番楽です。

チャットだとどうしても会話形式になりますからね。

重要な内容は
自分でわかるようにフォルダを用意して保管しておきましょう。

自分はこんな感じで保管しています。

電話

対応時間:9時~21時

電話はアマゾン側からかけてもらえます。

自分はチャットを利用するので
電話は基本的に利用しません。

時間制限もあるし、問合せ内容保存できないし
正直電話のメリットはあまり感じられません。

タイピングがしんどい人は
電話がいいとおもいますが、

先述したようにアカウントに関わるような重要な相談は
メールで行うようにしましょう。

大事な問い合わせは3人以上問合せ、回答保存すべし

問い合わせ方法で
重要な問い合わせ回答は保存しておくようにしましょうと書いたのは

カスタマーサービスの担当が間違った案内をすることは
当たり前にあるからです。

なのでアカウントに関わるような問い合わせは
3人以上に問い合わせるのが安心です。

アマゾンは

カスタマーサービスとアカウントスペシャリスト(アカウントを管理する部署)を
全く別組織として分けています。

カスタマーサービスはアカウントペシャリストへコンタクトをとれません。
(もはや別会社)

反対にアカウントスペシャリストがカスタマーサービスが案内した内容に肩を持つようなことは
ありません。

。。。と、色々な情報から理解しています。

自分はアカウントスペシャリストのお世話になったことがないので
正直ハッキリしたこといえませんが、たくさんの情報を見るに間違いないとおもいます。

なので、

ライトな質問はともかく、

重要な問合せは慎重に行って、カスタマーサービスを信用しすぎないようにしましょう。

ではまた!

毎月の自動粗利計算、自動価格改定はプライスターがオススメ

↓↓↓ここから色々なせどりブログへ飛べます↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です