アマゾンせどりは高ランキングだから自分からたくさん売れるとはならない話

りーです。

今日はヤフショでダイヤモンド会員限定ですが
12時から2時間限定の5%オフのランチクーポンが配布されていましたね(^^)

ヤフショは楽天よりもゲリラ的イベントが多いので
アプリの通知をオンにしておくのがオススメです。

さて今日は

アマゾン新品販売における高回転の定義

について書いていきたいとおもいます。

自分からどれだけ売れるのかが重要

物販において

在庫回転率というのは非常に重要な要素なんですが
アマゾンランキング数値のみにとらわれている人には読んで欲しい内容となります。

せどりを既にしている人、
これから始める人でも少しせどりについて調べたことがある人なら
商品の回転率の重要性については理解されているとおもいます。

ただ、
高ランキング=高回転と単純に判断するのは危険です。

端的にいうと

結局自分からどれだけ売れるのかが一番重要です。

FBA最安値出品者セラーの数を確認する

例えばこの商品、

ここ最近はバキバキ売れていて
100位代、いい日は2桁まで食い込んでいます。

この商品は自分が現在進行形で扱っていますが
日に何個も売れるワケではありません。

下手すると1日近く売れないときもあります。

それはなぜか?

最安値同一価格にしているセラーが
たくさんいるからですね~。

アマゾンの販売システムは
一つの商品に対して一つのカート各セラーで奪い合っています。

アマゾン新品販売は
いかにカートを獲得するかで決まってきますから

「自分がカートをどれだけとれそうなのか」

ということを仕入れる前に考えることが大事です。

FBA最安値セラーの在庫数を確認する

そこへきてこの商品は各セラーがかなりの在庫数を保有しています。

アマゾンカート獲得優遇条件に
倉庫へ納品している在庫数が多ければ若干優遇される面もあるので

大量納品セラーが何人かいて
自分の在庫数が少なければさらにカートが回ってきづらくなります。

↓↓↓こちらの商品↓↓↓

上記画像の商品はランキング自体は
2~3000位程で先程の商品より劣りますが

カート最安値が自分を含めて2人。

こちらの方が売れるペースははやかったりするんです。

総合的なバランスを見て仕入れ数を判断する

ランキングが何位であれば、このくらい仕入れる

という目安を作るのは否定はしませんが

・ランキング
・FBA最安値セラー人数
・FBA最安値セラー在庫数

仕入れする数量によっては
この3つを天秤にかけて慎重に判断してきましょう。

それではまた~。

毎月の自動粗利計算、自動価格改定はプライスターがオススメ

↓↓↓ここから色々なせどりブログへ飛べます↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です